歯並びが悪くなる訳は?

歯並びが悪くなる訳は?

歯並びが悪くなる訳は?


それは歯が並ぶ顎骨の成長が悪く、並ぶべき全ての歯の長さよりも顎骨の長さが短いためです。そして顎骨の成長が悪くなる理由は、顎の成長期に舌の動きが悪いためなのです。

私たちが食べ物飲物を嚥下飲み込んだ時には、舌は口の天井まで上がって、そこを強く押し付けて広がります。この動き、この時の舌の力が上顎を拡大します。今唾を飲み込んでみてください、私の言ってる事が判ると思います。

舌の位置が何らかの原因で低位置にあり、充分に活動出来ない事が歯並びに大きく影響しているのです。そして、その原因を突き止め改善していく事が矯正治療の第一歩になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です